お遺骨を少しだけ残した方が良い場合

メモリアルお守り袋

故人様の散骨で皆さんよく悩まれる、

全部散骨するか、それとも少しだけ残した方が良いか、

ということについて述べてみます。

全部散骨する場合ケースとしては、

  • 故人様の遺言などで全部散骨の意思が明確
  • 遺族で相談して決めた
  • 遺骨の引き取り手がいない
  • 家に遺骨があると違和感を感じる
  • 遺骨を分けると成仏出来ないような気がする

などの理由によります。

もともと散骨と言えば、全部散骨することで、

お墓を作っても参る人がいないので、あとは自然にお任せしよう、

というのが本来の姿だと思います。

一方、お遺骨を少しだけ残すケースとしては、

  • 手元供養品に入れて身近な所に置きたい
  • 一部を分骨して納骨する
  • 全部散骨すると寂しい
  • 故人との思い出の場所に行き、少しずつ撒きたい
  • 将来的に納骨する可能性もある

などの理由によります。

散骨しても、少しだけ分骨したお遺骨をお墓や納骨堂に

納骨するようなこともあります。

また、親戚やお友達の方を呼んで散骨した後で、

あとはゆっくりと自分のペースで故人との思い出の

場所を巡りながら少しずつ散骨することもよくあります。

しかしながら、全部散骨してしまうと寂しいから

という理由が最も多く、手元供養品などのメモリアルに

少しだけ残して身近に感じていたいという気持ちは、

ごく自然なことだと思います。

少しだけ残したお遺骨は、自分が生きている限り

大切にして、万一自分があの世に向かう時には、

棺おけの中に入れてもらえば、最後の最後まで

故人様のことを守り通したという満足感に

繋がるのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ