自然に還ることが散骨

自然に還る

わが国では昭和30年代までは土葬が主流で、

土葬の場合には、埋葬された遺体が土に還ることで、

自然の一部となっていく、まさに自然葬だったのです。

遺体であれ、遺骨であれ、

長い年月をかけて自然の土に還っていくのですから、

よく考えてみれば、私達が生活している家の土も、

古の時代に生活していた誰かの遺体が、

土になって混ざっているのかもしれません。

例えば家の敷地の中に遺骨が落ちていたら、

とても気持ちの悪いことかもしれませんが、

でも、土の姿になってさえいれば、

何も気付かずにいれるのです。

土はありとあらゆるものを土に還す力があると同時に、

水もありとあらゆるものを分解する力があるのです。

例えば飲み水のコップの中に髪の毛が入っていたら、

とても気持ちの悪いことかもしれませんが、

火葬場の蒸気が雨水になって飲み水の中に含まれていても、

綺麗な水になってさえいれば、

何も気付かずにいれるのです。

散骨は自然に還ることです。

綺麗な自然に還っていくことなのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ