粉骨したお遺骨は砂のよう

粉骨したお遺骨はまるで砂のようです。

粉になったお遺骨を見せられても、それがお遺骨であると

分かる人はほとんどいないと思います。

沖縄あたりの白い砂の中に撒いても、分からなくなります。

私達の体は全て、自然から出来ていて、自然に還るようになっているのです。

人間の体は土葬すると、100年も経つと土になっていました。

昭和40年頃を境に土葬から火葬に切り替わった訳ですが、

土葬の頃は、人間の体が土という自然に還っていくことを

誰もが経験して知っていたのです。

土葬は、理想の自然葬でした。

無駄なエネルギーを使わずに自然の力だけで自然に還っていく、

究極の自然葬だと思います。

伝染病の拡がりを防ぐ目的や、衛生的な観点、

そして都市部での墓地が入社困難になってきたことで、

近代化の名目のもとに、土葬は廃止それたのです。

今では離党や山間部などで近くに斎場が無い場合にのみ、

土葬は認められていますが、一般の人が自由に選択できる

ものではありません。

土葬が無くなった現代では、

人間が死んで土になり、砂になるという忘れられた感覚を

取り戻せるのが粉骨なのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ