人はなぜ遺骨にこだわるのだろうか

遺骨

近年では離島やごく一部の山間部を除き、

人が亡くなったら土葬ではなく、火葬ということになります。

土葬は自然の大地に還ることが出来る自然葬なのですが、

現代社会では、例え土葬を希望しても許可されません。

昭和の30年代を境に全国的に、

土葬から火葬に切り替わりましたが、

火葬になってからは、故人様の遺体を荼毘に付して、

残った骨を壷に入れて持ち帰るようになりました。

お遺骨に魂がある訳ではありませんが、

故人様の体の一部であることに間違いなく、

ある意味、故人様の形見的な意味合いもあります。

場合によっては、遺骨にとても愛おしい気持ちを持たれる方もいて、

そういう方は、骨壷のふたを開けて、

遺骨を直接手で触れることによって、愛着さえも感じるのです。

まだ亡き人がそこに居るような気がする方は特に、

故人様のことを身近に感じていたいと思うものなのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ