お墓に入っていた遺骨

お墓の遺骨を粉骨

お墓に入っていたお遺骨は、水が入っているものです。

納骨室の中が水浸しになったような形跡もないのに、

何故水が入っているのでしょうか。

そもそも、納骨室の中は、とても暗くてジメジメしていて、

骨壷のふたの隙間から入った湿気の多い空気が、

朝晩の温度差などで結露して水滴となり、その水滴の

一滴一滴が、長い年月の間にたまっていくのです。

場合によっては骨壷の中が上まで水浸しになっています。

骨壷を納骨室から取り出す時に、異様に思いと感じたら、

間違いなく水が入っています。

こういう時には、お墓の敷地の中で骨壷のフタを

しっかりと手で押さえたまま、

横向きにして少しずつ水を出します。

フタをしっかり押さえていないと、お遺骨が飛び出してしまいます。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ