よくある火葬場での光景ですが、

火葬が済んでからのお遺骨は、一旦冷まされてから、台の上に載って

遺族の前に姿を現します。

火葬炉の中に入れられる時には大泣きしていた遺族も、

変わり果ててお遺骨になった故人と対面すると

もう元に戻れないという一線を越えたことで、

不思議と冷静な気持ちになってしまいます。

足の骨から順番に、腰、腹、胸と遺骨を入れていき、最後に喉仏を入れますが、

最後に職員の方が箒と塵取りで綺麗に骨の断片や灰まで掃除して

骨壷に入れてくれますので、火葬の台は綺麗になりますが、

骨壷は、灰まで入れられて、満杯状態になるのです。

骨壷は大人の方で7寸、直径は約21cmあります。

お遺骨の量が多い方だと、場合によっては8寸、直径が約24cmという

まるでバケツのような巨大な骨壷になってしまいます。

そんなにたくさんのお遺骨は要らないと言ってもダメです。

関東ではお遺骨を全部持ち帰るのが決まりなのです。

そこで、ドラえもんのポケットから出して欲しいのは、

「スモールライト」です。ライトを当てればお遺骨が小さくなります。

小さくなったお遺骨は、小さな骨壷に入れて持ち帰れます。

実際にはドラえもんに頼めそうもないので、

「遺骨の高温高圧火葬サービス」がまだ現実的だと思います。

火葬が済んだらお遺骨が綺麗な石ころになって出てくれば、

そのまま家に持ち帰って、飾っておけるのではないでしょうか。

こういうサービスがあったら皆さん、利用されますか?

たぶん火葬の料金は3倍ぐらいになると思いますが。