海外で散骨

海外で散骨
海外で散骨するにはそれぞれの国で法律や規制があることがありますから、

事前に良く調べることが大切です。

最も人気なのはハワイの海です。

美しい自然と海が人気のリゾート地で、ハワイでの散骨を専門にする散骨業者もあり、

散骨に関してはハワイ州法があり、3マイル以上離れた海域で、

且つ禁止区域以外で行えば問題ありません。

また散骨にはライセンスが必要で、

使用する船や飛行機も州政府に届出をしますので

地元のフューネラルディレクターとの相談が必要です。

違反すると5000ドルの罰金又は1年以下の懲役となりますのでご注意ください。

散骨を先に済ませてからリゾートを楽しめば、良き思い出となります。

私が散骨と粉骨を専門にしている関係で、

アメリカ、カナダ、オーストラリア、ヨーロッパなど

いろんな国に散骨に行かれた方がおられましたが、

皆さん心配されるのは、遺骨を持って飛行機に乗り込む時に、

空港で検査に引っかかるのではないかということですが、

問題のあった方は現在のところおられません。

遺骨は機内持ち込み手荷物として認められています。

念のために「埋葬許可証」は必ず持って行きましょう。

内容物について聞かれるようなことが万一あった場合でも、

「遺骨」であることを証明すれば全く問題無いはずです。

火葬が済んだばかりの遺骨(一目見てお遺骨だと分かる姿)を持って

飛行機に乗るような場合には、他のお客様の気持ちを考慮して、

風呂敷に包んだり、紙袋に入れたりして、

他の方の目に触れないようにする必要があると思います。

遺骨はどの航空会社も機内持ち込みとして正式に認めています

認められているものなので、隠して持っていく必要はありませんが、

人目に触れない工夫はする必要があると思います。

JAL-遺骨は機内に持ち込めますか

ANA(国内線)-遺骨は機内持ち込みできますか

ANA(国際線)-遺骨は機内持ち込みできますか

デルタ航空-特殊な手荷物について(壊れ物をクリック)

エアーカナダ-機内持ち込み手荷物

ハワイでの散骨

散骨@マガジン

ハワイ散骨式レポート

サブコンテンツ

このページの先頭へ