機械式の粉砕機で遺骨を粉砕するとあっという間に遺骨が粉末になってしまいます。

手作業で粉骨することを考えると、楽に短時間で細かい粒子の粉砕が可能です。

回転刃方式やギア方式などがありますが、高価で個人向けではありません。

私も凝り性ですから、粉砕機を買ったり、自分で粉砕機を何台も作りましたが、

完全に納得のいく機械は困難であると思いました。

それは何故かというと、

最も大きな問題点は遺骨に必ず異物が混入していることです。

異物の正体は、釘、ネジ、ホッチキスの針などの棺桶に係る金属や歯の詰め物、

義歯、セラミックなどの口腔内治療物や体内に埋め込むインプラント器具、

副葬品のネックレス、数珠、衣類の金具やボタンなど、多種多様なものなのです。

斎場では火葬の際に、金属などを入れることは禁止していますので、

大きな金属が入っているようなことはありませんが、

棺おけに使われている大量の釘やホッチキスは、

収骨の際に斎場の職員が忙しくなければ丁寧に磁石で取り除いてくれることもありますが、

それでも実際には遺骨に混入しています。

異物は磁石や目視では完全に取り除くことは出来ません。

お遺骨に異物さえ入っていなければ、

家にあるジューサーミキサーやミルサーなどを使っても、

少量ずつすれば可能ですが、実際には絶対に危険です。

下の写真のような異物が必ず入っていますので、

刃が壊れるか、ガラスのケースが割れて吹っ飛びます。

遺骨を粉砕する機械を発明するよりも、

遺骨に混入した異物を取り除く機械を発明した方が現実的だと思います。

実際に混入している異物

遺骨に混入している実際の異物を集めたものです

異物が及ぼす影響

機械式で粉骨する場合には事前にこれらの異物を磁石や目視で取り除きますが、

完全に取り除くのは不可能です。

遺骨の粉が付いているために異物と分からず見落としたり、

遺骨に溶けて付着していた異物や遺骨と区別がつかない

セラミックなどが機械のトラブルや破損につながるのです。

異物もろとも粉砕してしまう機械もありますが、機械は壊れにくくても、

粉砕された異物の混入した遺骨を散骨することは、決して環境に良くないと思います。

遺骨に混入した異物は目視で取り除くしかありませんが、もし入っていても

途中で取り除くことが出来るのなら環境に優しい粉骨が可能になります。

粉骨彩心αは遺骨の中に金属が入っているという前提で開発しました。

途中で取り除くしか方法がないのですが、金属が入っている場合には金属音がしますので、

早めに取り除いてください。

最初の段階で目視で極力異物を取り除くことがポイントです。

完全に掃除するのは困難

次の問題点として、機械式の場合には、前の方の遺骨が残っていたり、

付着したまま、次の方の遺骨を粉砕してしまう可能性があることです。

機械の中を綺麗にするかどうかは粉骨業者次第で、機械の中までは見せてもらえないのです。

機械式の粉砕で、粉骨が終わった後に機械を分解して隅々まで綺麗に掃除し、

付着したり残ったお遺骨まで入れてくれる業者があれば、

それはとても良心的なことだと思います。

もちろん手作業で粉骨してもある程度の道具への付着はあるものですが、

機械式のように分解する必要がありませんので、

私は依頼者の見ている前で刷毛で徹底的に掃除して集めるようにしています。

機械式では遺骨に触れる部分を毎回交換出来るものは粉骨彩心αしかありません。

参加するということ

次に、これは問題点と言えるかどうかは分かりませんが、

機械式の粉骨では実際の作業に参加出来ないことです。

だまって見ているだけではもったいないような気がします。

粉骨は形あるお遺骨が形を無くす大切な瞬間です。

葬儀の時から思い起こすと、亡くなってはいるけれど、

まだお顔を見ることが出来た姿が荼毘に付されることによって遺骨の姿になり、

骨壷に納めたものを一旦家に持ち帰ります。

それを粉骨すればサラサラの粉になり、

さらに散骨して大自然へと還っていくというように、順を追って姿を変えていくのです。

粉骨は参加することにより、形あるお遺骨がサラサラの砂のようになる瞬間です、

やすらか庵では手作業での立会い粉骨を10年前から行っていますが、

ご一緒に参加された方は皆、感動されるのです。

中には感動が込み上げて涙を流しながら粉骨される方もおられます。

このような素晴らしい粉骨をただ見ているだけでは、とてももったいないと思います。

故人様への感謝の気持ちを込めて、供養のためにも粉骨を経験して頂きたいと思います。

手動式の粉骨彩心なら奉仕の作業としての粉骨が体験出来ますし、

電動の粉骨彩心αでもレンタルを利用すれば貴重な粉骨を体験出来ます。

粉骨彩心イメージ
粉骨彩心

ボウルの淵の掃除

粉骨彩心α