「喉仏供養のすすめ」を追加しました

関東では斎場で火葬が済んだ後のお遺骨は、大きな壷に入れて持ち帰りますが、

関東の方が、関西の葬儀に出席されて一番驚くのが、関西での骨壷が

関東に比べて一回り小さいことです。

関西では、お遺骨の主要な部分だけしか収骨しないので、

骨壷が小さくても良いのです。

必ず骨壷に入らない部分が残るわけですが、その残ったお遺骨は

決められた場所に合同で埋葬されるそうです。

関西の方は特別に意識したことはないでしょうが、

遺族の立会いも無しに合同で埋葬されているのですね。

皆が平等にそうしているのだから、問題は無いでしょうが、

こういう素朴な疑問から、お遺骨は全部ある必要があるかについて

検証してみました。

お遺骨は喉仏だけあれば良いのです 喉仏供養のすすめ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ