散骨の時の服装

近年はお葬式の簡略化が進み、あまり多くの人を呼ばずに

身内の者だけで小さなお葬式を行う家族葬が人気です。

簡略化が進んだと言っても、着ていく服装だけは定番の喪服で、

これだけは今も昔も変わらないものです。

亡くなった方に礼を尽くすという意味で、喪服は正式な服装なのです。

散骨も葬送の儀式ではありますが、お葬式が厳粛な儀式であったこととは

対照的に、より一層身内の者だけで簡素に行う傾向があります。

散骨の時には平服をおすすめいたします。

お葬式がホールや斎場という閉じられた空間で行われることに対し、

散骨は海上や山中などの自然の中で行われるからです。

船の上では潮風が当たりますし、滑ったりすると危険です。

山中を歩くには、山歩きの服装でないと危険です。

散骨に来られる方にご案内する時には、必ず服装に付いて

「平服でどうぞ」とか、「お楽な格好でお越しください」

などのご案内をするようにしましょう。

特に年配の方は、このようなご案内がないと、喪服で来るでしょう。

案内の仕方が中途半端ですと、一人だけ喪服で来たりすると、恥ずかしい

思いをさせてしまうことになります。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ