「天皇の散骨に学ぶ」を追加

散骨は近年になって注目されるようになりましたが、

わが国の散骨の歴史は古く、平安時代には淳和天皇が

散骨されていたのです。

淳和天皇は民衆の困窮した生活を救うために自らの葬儀の

簡略化を望み、本当に散骨されました。

今の時代にこそ学ぶべきだと思い、固定ページに追加いたしました。

是非ご覧になってください。

天皇の散骨に学ぶ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ