海の散骨

海の散骨では、散骨した後にお花を投げるという形式が定着しました。

散骨したお遺骨はすぐに、海に沈みがちに拡散していきますので、

時間が経つにつれ、どこに散骨したか分からなくなってしまいます。

お花は海に投げると、いつまでも浮いていますので、散骨した場所の

目印となり、花が拡がっていくのを見ていますと、お遺骨も広い海に

拡がっているのだな、ということが感覚的に良く分かるのです。

やすらか庵の散骨では、散骨した後に船でお花の周りを旋回します。

今は都会ではあまりしないとは思いますが、昔は葬儀の出棺の時に、故人様の

棺おけを担いだ人たちが、庭先で左回りに3回周る「左回り3転の儀」を

行っていた習慣に倣ったものです。

人は生まれて来る時には右回りに回って産まれてきて、

死ぬ時には左回りに回ってあの世に行くという意味からなのです。

亡くなった方の死に装束は普通に着ている時とは全て逆にします。

着物も左前に着せてあげます。

死後の世界は全てがこの世とは逆で、この世が昼の時にはあの世は夜、

この世が夜の時にはあの世は昼、そしてあの世の世界では

逆さまになって歩いているとも言われます。

左に回るというのは、なかなか深い意味があるものです。