散骨は迷ったらやめた方が良い

散骨するかどうか迷っている方は意外と多いものです。

ほとんどの場合、散骨に反対する人がいるという理由からですが、

お墓があるのに散骨してくれと遺言を残された場合や、

散骨してしまうと何もかも無くなってしまうように感じたり、

いつ散骨しようかと悩んでいたりと、様々です。

散骨は故人様が亡くなってすぐにすることもありますが、

しばらく時間を置いてからすることもあり、

いつしなければならないという決まりはありません。

どうしようかと悩んでいたら、まだする時期ではないと思います。

出来れば皆が賛成して、故人様がもし、いたとしたら

「もういいですよ」と言ってくださる時に行いたいものです。

もちろん故人様は何も言ってくれるわけではありませんが、

日常の中で、亡き方との対話をしてみてください。

そうすれば、きっとそういう時があると思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ