散骨業者の料金について気になること

散骨や粉骨の料金については、それぞれの業者が独自に決めるもので、

選ぶ側からすると、大切な要素になります。

例えば「散骨」と検索するとYahooやGoogleなどの検索エンジンでは、

検索結果として、散骨の情報や業者が表示されますが、

検索

検索結果の右や上には散骨に関する広告が同時に表示されます。

この広告には、特定のキーワードに対して、

入札形式で広告を出すことが出来ますので、

競争が多いキーワードでは、高い価格で入札しさえすれば、

当然のごとく多くの人が訪れることになります。

高い入札価格であっても、どんどん仕事につながればよいのですが、

高い広告費を払っても、仕事につながらなければ経営を圧迫してしまいます。

そこでなるべく安い入札価格で、たくさんの

人が来てくれる様な宣伝文句を考えるわけですが、

例えば「○○円~」などの表現には、現実的にはほとんど利用の無いような

最低料金を表示していることが多く、注意が必要です。

サイトのメニューに載っているのなら、広告自体は嘘ではありませんが、

自分が必要なサービスがいくらになるのかを正しく見極める必要があります。

低料金で惹きつける方法のほかには、自分のところだけでしかやっていない

サービスであると強調する方法がありますが、実はどこでもやっていること

だったりします。

「ここでしかゃっていないのなら、ここに頼むしかない」と思う前に、

冷静な目でよく、他と比較検討してみましょう。

散骨は急いでするものではありません。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ