散骨の指標がある自治体

散骨の指標がある自治体

東京都は我が国の中では最も人口の多い自治体で、

地方からの流入者が多く、故郷の家やお墓をそのままにしていて、

新たにマンションを購入したり、家を建てたという方がほとんどです。

家は毎日生活する場ということから、どうしても必要で、

この問題は解決したとしても、お墓の問題は、

今すぐにということではないために、後回しになってしまいます。

都営の霊園は満杯所帯で、空きの抽選待ちの倍率は高く、

このような背景からも、散骨の利用者が増えているのです。

しかしながら、散骨に関しては法律としての墓地埋葬法に

規定されていなくて、国としても動向を見守っているという状態なので、

非合法ということではありませんが、

完全に合法ということでもありません。

東京都福祉保健局の散骨に関する留意事項は東京都の見解ですが、

国としての立場も記載されています。

この問題については、国民の意識、

宗教的感情の動向等を注意深く見守っていく必要がある

と記載されているように、国や都としては、宗教的な感情については、

立ち入らないということにも感じられますが、

逆に言うと、宗教的な感情や意識というものは、

しっかりと持っておく必要があると思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ