散骨には儀式が必要です

散骨の儀式

散骨するのに必要な条件として、まずは「お遺骨を粉状にすること」です。

お遺骨を粉状にすることを「粉骨-ふんこつ」と言いますが、

粉骨せずにそのまま散布すると、場合によっては、

事件として扱われることになりかねません。

粉骨することは絶対に必要なことです。

そして、もう一つ必要なことは、「儀式を行う」ことです。

散骨は葬送の儀式であり、故人を送る儀式でもあるのです。

捨ててくるのであれば儀式は必要ありませんが、

儀式を行うからこそ葬送の儀となるのです。

儀式と言えども、形式的なことは行う必要はありません、

人としての尊厳をもって、

故人に対する感謝の気持ちを込めて行えば良いのです。

何もなければ、心の中で祈るだけでも構いません。

大切なことは、故人が目の前にいると思ってすることです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ