散骨する時は周りへの配慮を忘れずに

散骨 配慮

散骨は故人の遺骨を粉状にして散布することですが、

例えば自分の所有地の中で誰にも言わずに静かに行えば、

誰からも何も言われることはありません。

散骨したことを誰かに話したとしても、散骨に対して理解のある人ならば、

快く聞いてくれるでしょう。

しかしながら、世の中には散骨に対して、快く思っていない人もいます。

快く思っていない人でも、

自分の住んでいる所から離れた所の散骨の話でしたら、

悪い思いはしないでしょうけれど、もし、お隣さんであって、

その話を聞いて、気分を害したとしたら…

その後のお付き合いに支障が生じるかもしれません。

散骨に対して快く思わない人の理由としては、

  • 風が吹けば自分の土地に飛んでくるかもしれない
  • 亡くなった人の遺骨を近くで撒かれるのは気持ち悪い
  • 霊的に敏感なので、気分が悪い
  • 地下水に浸透して汚染される
  • 食べ物を扱っている店舗なので、風評被害が怖い
  • 農作物を作っているので、風評被害が怖い

などです。

自分では素晴らしいと思っていても、

違う考えの人が必ずいるものです、いくら説明しても、

感情的な問題は、理解してもらえないものです。

こういう場合は、余計なことを言わないというのが、

一つの配慮かもしれません。

周りの人に対する配慮は、常に心掛けていたいものです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ