散骨するなら堂々と

散骨

故人様の遺言などで散骨の希望があった場合、
希望する場所が常識では考えられない所だと、
意外と困ってしまうものです。
例えば○○川の○○橋から散骨してくれとか、
名所や公園など、故人様の思い出のあった場所が多いのですが、
場所など気にせずに、どこでもいいよ、という意味で
気軽に意思表示したつもりなのでしょうが、
頼まれた側からすると、ちょっと非常識かなと思ってしまいます。
人が見ていなければ大丈夫かなと、早朝や深夜に散骨するのは、
気持ち的に隠れてコソコソと、いうことになってしまいます。
「誰かに注意されたらどうしよう」という気持ちで散骨するのは、
儀式として成り立たないものです。
散骨が少なくとも故人様をお送りする儀式である以上、
正々堂々と行いたいものです。
かといって名所や公園などで、
正々堂々と散骨すれば良いということではありません。
散骨する場所の選定はとても大切なことなのです。
わが国では散骨に対するルールの制定がありませんし、
ここならいいよ、という取り決めもありません。
このようなことでお困りでしたら、
どうぞお気軽にご相談くださいませ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ