借りたものをお還しするのが散骨です

海の散骨

地球上の全ての生き物は、そこにある自然からお借りしたもので
成り立っています。
食べ物にしても自然の中から少しだけお借りしているだけで、
排泄物は自然の活動を活発にして、
また食べ物という形で返ってくるのです。
生命が生きていくための活動は結局、
お借りしたものをただお還しするということの繰り返しで、
我々人間も、地球上の生き物として、例外ではありません。
土葬が主流だった頃には、肉体が土に還っていくことで、
この循環が成り立っていましたが、
火葬になってからは、骨壷の中の遺骨は
いつまでも自然に還らないシステムになってしまいました。
散骨は自然に還る葬送の仕方です。
ただお借りしたものを自然にお還しするだけのことで、
自然破壊にはなりません。
気を付けることは、綺麗にお還しすることです。
自然に還りやすいように、綺麗にお還しすることは、
とても大切なことだと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ