散骨もセルフの時代

新年あけましておめでとうございます。

わが国の人口は2008年の1億2千8百万人をピークに減少し続け、

高齢者の比率も増えていっていることから、国力の低下は

避けられない事態です。

これからは若い人が多くのお年寄りを支えていくことになります。

跡継ぎがいないことで絶えていく家が増え、

お墓も無縁仏が増え続けています。

従来のお墓に代わるものとして、近年は低価格の永代供養や散骨が

注目されるようになりました。

散骨も業者に頼むことなく、自分で納得のいく散骨をする方が増えています。

ガソリンスタンドがフルサービスからセルフが主流になったように、

散骨もセルフの時代となりつつあります。

今年も皆様のお手伝いが出来ますよう、努力させて頂きます。

どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ