入るべきお墓があるのに散骨

普通に考えると、入るべきお墓が無いから散骨するのですが、

入るべきお墓があるのに散骨ということもよくある話なのです。

理由としては、

  • お墓が遠いので、全くお参りしていない
  • 一緒に入りたくない人が先に入っている
  • 特定の宗教形式の墓であるため、自分の信仰と違う
  • お墓というものに親しみを持てない
  • 親族やお寺さんとの付き合いが面倒だ
  • お寺から管理料のほかに様々な寄付金を要求される
  • 世の中の枠にとらわれない全くの自由人であった
  • 亡くなったらそれで終わりだから、墓に入る必要は無い

などです。

近年では、人間関係のもつれによって、墓に入りたくない

という人が増えてきているようです。

夫婦であっても、旦那と一緒の墓には絶対に入りたくない、という人や

嫁と姑の仲が悪く、姑とは一緒の墓に入りたくない、などの話は

日常的によく聞かれます。

例え人間関係が悪くても、亡くなってしまえば、水に流せばいい、

とは思っていても、感情のもつれは、簡単には修復できないものです。

あの世に行ってまで人間関係で嫌な思いをしたくない、というのは

正直な気持ちかもしれませんが、死ぬ前に

「今まで迷惑をかけてゴメン、でも感謝しているよアリガトウ」の一言を

言うことの出来た人は、感情的なトラブルを一瞬で洗い流してくれますよ。

言うのはタダですから、是非覚えておいてください

「今まで迷惑をかけてゴメン、でも感謝しているよアリガトウ」

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ