日本の人口減少について

日本の人口

総務省が公開している「人口推計」によりますと、

2014年を境に我が国の人口は減少が始まっています。

このカーブを見ていますと、もう当分の間、増えることは無いでしょう。

人口が減って困ることは、

  • 国としての生産力が減ることにより、国力が落ちる
  • 社会としての活力が落ちる
  • お年寄りの割合が増えることにより、医療費などの負担が増える
  • 税収入が落ちることにより福祉の質が低下する
  • 技術や経験、ノウハウの継承者がいなくなる
  • 都市への人口が集中する
  • 地方の人口が減る
  • 若い人が子育てしにくい環境になってしまう

などマイナスの要素ばかりで、もっといろんな問題がたくさんありますが、

列挙すればきりがありません。

私が問題に思うのは、人口の減少により、後継者のいない方が増え、

絶えてしまう家が増え続けることです。

昔から誰もが願うこととして、家門繁栄、子孫長久と言われますが、

子孫の者がいなくなってしまうことは、

ある意味不幸ということでした。

しかし、このように、人口の減少が進んでいる現代では、

この問題に皆で取り組まなければいけません。

お墓を片付ける墓じまいにしても、後継者のいない方の散骨にしても、

周囲の方の理解が是非とも必要なのです。

人口が減っていく中でも、皆が幸せである形は必ずあるものです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ