時は平安時代、淳和天皇は民衆の困窮した生活を救うために、自ら散骨することを遺詔して実施されました。この他を思いやる気持ちは、現代にこそ必要なものとして学びたいものです。