海の散骨は陸地に比べて場所的な制限が少ないという理由で現在最も広く行われていますが、方法を間違えますと単なる遺骨の処分、遺棄になってしまい、無縁仏が増えるばかりです。亡き人が迷わない散骨とは。