「遺骨」タグの記事一覧(2 / 3ページ目)

遺骨は機内持ち込みできますか?(国際線)

近年では散骨の普及に伴って海外で散骨される方が増えて参りました。 限りなく透明に近い海、果てしなく広がる大自然の中で散骨することは、最後の旅立ちにふさわしいことで、参加される方も思い出に残るものとなることでしょう。 ハワ・・・

遺骨は機内持ち込みできますか?(国内線)

基本的にお遺骨は、手荷物として正式に認められたものであるため、大手のANAやJALなどは、ホームページ上にも持ち込みできることが記載されています。 例えば故郷で火葬が済んだお遺骨を持って、飛行機に乗り込むようなことも実際・・・

遺骨は本来自然に還るもの

散骨

私達の体は、生きている間は自分のもの、という感じがしますが、 お借りしたもの、ということが正解なのではないでしょうか。 骨や肉体は全て細胞から出来ていますが、その細胞も活動するためには、 食べ物が必要で、食べ物は、お金を・・・

「散骨」と「遺骨を捨てる」ことの違い

散骨

遺骨を粉にする粉骨をした上での話しですが、 「散骨」と「遺骨を捨てる」ことの違いは何でしょうか? どちらも撒いてしまえば同じのように思いますが、 実は大きな違いがあります。 この違いを理解していないと、大きな過ちを犯して・・・

人はなぜ遺骨にこだわるのだろうか

遺骨

近年では離島やごく一部の山間部を除き、人が亡くなったら土葬ではなく、火葬ということになります。 土葬は自然の大地に還ることが出来る自然葬なのですが、現代社会では、例え土葬を希望しても許可されません。 今でも土葬が出来る所・・・

お遺骨を少しだけ残した方が良い場合

散骨

故人様の散骨で皆さんよく悩まれる、 全部散骨するか、それとも少しだけ残した方が良いか、 ということについて述べてみます。 全部散骨する場合ケースとしては、 故人様の遺言などで全部散骨の意思が明確 遺族で相談して決めた 遺・・・

お墓の納骨室が一杯になった時

粉骨

お墓の納骨室はカロートと言って、 遺骨の入った骨壷を納めるようになっています。 近年のお墓事情は一昔前と比べて小さくなる傾向にあり、 特に都市部では土地価格が高いので、1平米にも満たないお墓が増える傾向にあり、 お墓参り・・・

粉骨したお遺骨は砂のよう

粉骨

粉骨したお遺骨はまるで砂のようです。 粉になったお遺骨を見せられても、それがお遺骨であると 分かる人はほとんどいないと思います。 沖縄あたりの白い砂の中に撒いても、分からなくなります。 私達の体は全て、自然から出来ていて・・・

火葬場で期待されるサービス

遺骨

よくある火葬場での光景ですが、火葬が済んでからのお遺骨は、一旦冷まされてから、台の上に載って遺族の前に姿を現します。 火葬炉の中に入れられる時には大泣きしていた遺族も、変わり果ててお遺骨になった故人と対面するともう元に戻・・・

ページの先頭へ