粉骨について

最近の粉骨業界を見ていますと、粉骨が製粉業になっていて、皆が高速回転の電動式粉砕機で早く安く綺麗に遺骨の製粉サービスを提供し、競争が激しいものですから、値段の安売り合戦を展開しています。

亡き人が迷わない粉骨とは…NPOの粉骨

確かに遺骨を粉砕機に入れて粉砕機のスイッチを入れるだけの単純作業ですから、製粉業みたいなもので、元手が掛かっていないので、負けた方が店を畳むまで安売り合戦を続けるのです。

これはもう、遺骨を単なる物や商品として扱っているということ自体間違っていて、こんなやり方をすれば亡き人は間違いなく彷徨うという結果になるだけです。

粉骨と言えども遺骨が形あるものから形無きものに変わると言う大切な葬送の儀であり、亡き人に対しては礼を尽くしてその旨報告しないといけないからなのです。

遺骨を入れて蓋を閉め、スイッチを入れるだけの業者に大切な遺骨を任せてはいけません。

遺骨を送れば粉になって帰ってくるでしょうから、少なくとも他人の遺骨と間違えられるようなことは無いと思いますが、折角お金を出して頼んだ結果として亡き人がさまようことになれば、取り返しがつかないのです。