粉骨

骨壺の蓋を開けたり、遺骨を触ったりしても平気な人、

そしてかなり根気のいる肉体労働になりますが、

故人様の供養のために自分でできることは自分でしたいと思う人は、

自分で粉骨することをおすすめいたします。

すり鉢などの台所用品を持ち出してきても、

お遺骨は、そう簡単には粉になりませんし、道具が無駄になってもったいないです。

ジューサーミキサーなどのようなガラス容器の付いたもので

粉砕しようなんて、決して実行しないでください。

ガラス容器が割れて、恐ろしいことになります。

自分で粉骨しよう

粉骨するのに、専用の道具なんて売っていませんので、

やすらか庵でレンタルしている「粉骨彩心」を借りた方が確実です。

これまで多くの方が利用されましたが、

ちゃんと使うことが出来たかどうかは、

戻ってくる箱の中に空になった骨壺が間違いなく入っていますので、

おそらく全員の方が出来ていると思います。

粉骨彩心イメージ

1週間のレンタルで、レンタル料は17,800円です。

粉骨彩心レンタルエンター

しかし骨壺の蓋を開けることに不安を感じる場合や、

故人様の遺骨を自分の手で粉砕することに抵抗を感じる場合には、

粉骨業者に頼んだ方が良いでしょう。

粉骨業者は検索すればたくさんありますが、

立会いが出来る所をおすすめいたします。

色んな理由をつけて立ち合いを拒む業者は、

見られたら困る方法でしているということです。

やすらか庵では立ち合いはもちろんのこと、可能な限り参加して頂いています。

参加することで、故人様への良き供養となり、

充実感と満足感が得られるからです。

やすらか庵の粉骨は、3つのコースがあります。

1.宅配便利用の手作業粉骨

宅配便で遺骨を送るのは、少し抵抗があるかもしれませんし、

目の前で見ていないから、不安でしょう。

そして何よりも初めて利用する業者が、

ちゃんとやってくれるかどうかは終わってみないと分かりません。

私は僧侶でありますから特に、

誰も見ていなくても亡き人は見ていることを心得ています。

目に見える人が誰もいなくても立ち合いなのです。

そこまで言うのなら頼もうかという方は

費用は24,800円でございます

フリーダイヤル0120-655-480 もしくは 宅配便利用の手作業粉骨お申込みエンター

散骨するには必ず粉骨しないといけないことや、

2.立ち合いで手作業の粉骨

このサイトの主旨が「自分でできることは自分でする」ということで、

ご自分で出来るように案内していますが、何分初めての事ですし、

不安もあることですから、仮に依頼するにしても、

可能な限り参加して頂こうと思っています。

みの立ち合い粉骨のために九州から新幹線に乗って、

泊りがけで来られた方もおられますので、

無事に粉骨が済んで、とても感激されておられましたので、

遠方からでも来られる価値は充分にあると思います。

また、粉骨をしながら故人の供養の仕方や親族間でのトラブルなどでの悩みを

相談されて、無事に解決された方もたくさんおられますので、

普段では味わえないとても有意義な時間が過ごせると思います

費用は32,400円でございます

お問い合わせ、お申込みは

フリーダイヤル0120-655-480 もしくは 立ち合いの手作業粉骨エンター

3.出張粉骨

自宅が故人様にとって一番のくつろぎの場であるので、持ち出したくない、

高齢なので、重い遺骨を持って出かけることが困難だ、

家族揃って参加し家で粉骨したい、親戚を呼びたい、

寝たきりの親にも傍で立ち会わせたい、など理由は様々ですが、

出張で粉骨もいたします。遠方では岩手、山形まで出張したこともあります。

交通費は実費頂きますが、たった一回しかないことですから、

贅沢ということではなく、精一杯の思いやりだと思います。

自分が何かしてあげたいと思った時に、何が出来るかは

それぞれの価値観がありますが、

今出来る最大限のことをして差し上げることが故人様への供養です。

費用は43,200円でございます、遠方の場合には交通費実費頂きます。

お問い合わせ、お申込みは

フリーダイヤル0120-655-480 もしくは 出張粉骨エンター

どの業者も自分の所が最高だと思っていますし、

料金だけを比較して優劣をつけたがる愚かな業者もいますが、

私達は、NPOとして救済活動のために行っていることで、

もちろん維持のためにお金は頂きますが、

収益を分配するようなことはしておりません。

今の所収益はありませんが、あれば次の救済に回すだけです。

一応、メニューみたいなものもありますので、下に掲載しておきます。

 

粉骨