散骨

散骨や粉骨は業者に頼むものだと思っていませんか?
散骨は特別な許可や申請が必要なく合法で、実は自分で出来るものなのです。自分でするための方法や道具をご紹介します。お遺骨を触れたりするのに抵抗がある人で、業者に頼むにしても、故人様の供養のために自分で出来るだけのことをしておけば、充実感が違います。
多くの業者がある中で、良い業者の選び方とは。

散骨や粉骨が身近になってきた

一昔前までは散骨と言えば、海の似合う有名人が豪華クルーザーを使って太平洋の大海原で散骨された様子をニュースで知る程度でしたが、今では多くの方が散骨を望み、実施されているのです。その背景には人口の減少、核家族化、少子高齢化などがあり、お墓を持てない、お墓があっても墓じまいして散骨しないといけない方が増えているのです。

散骨と粉骨のお役だち情報

散骨とは故人の遺骨を粉にする粉骨をして、大自然に散布することです。日本では法律上問題ありませんが、ルールやマナーも決められていないので、どのようにしたら良いか分からないものです。正しい知識を持って温かく故人をお見送りいたしましょう。


自分で散骨

散骨について
散骨は近年急速に普及しましたが、届け出不要で気軽な反面、マナーやルールがありません。


粉骨

粉骨について
粉骨は亡き人やペットの遺骨を粉にすることで、量が少なくなり、サラサラの粉になります。


散骨は合法

散骨に関する法律
違法では意味がありません。
環境、法律的な立場から
検証してみます。


散骨禁止

散骨禁止の自治体
全国の自治体の中には
散骨禁止条例がある所
があります。


散骨の指標がある自治体

散骨の指標がある自治体
国のルールが無い中で、散骨に対する指標を示してる自治体があります。


海外で散骨

海外で散骨
海外で散骨する時にはその国の法律やルールを守って行う必要があります、注意すべき点は。


領事館

外国領事館事情
遺骨の扱いは、国によって違います、遺骨を海外に持ち出す時に調べておきたいこと。


散骨に関するマナー

散骨に関するマナー
日本では散骨に対しての法律やルールがありません、参考にして頂きたいマナーを提案。


遺骨は手荷物-国内線

遺骨は手荷物?-国内線
散骨などの理由で遺骨を持って国内線の飛行機に搭乗できますか?-各社の対応-


遺骨を持って搭乗-国際線

遺骨は手荷物?-国際線
海外で散骨する時に、国際線の飛行機に遺骨を持って搭乗できますか?-各社の対応


海で散骨

海で散骨
海は個人の所有でありませんし、自由に立ち入り出来るので、散骨には適した場所です。


山で散骨

山で散骨
国有地以外は必ず所有者がいます、所有者の許可を得る必要があります。


散骨業者の選び方

散骨業者の選び方
散骨の増加で業者も増えましたが、悪徳業者も存在します、正しい業者の選び方とは。


粉骨業者の選び方

粉骨業者の選び方
粉骨は大切なお遺骨を粉にする葬送の儀式です、故人様の遺骨を扱うにふさわしい業者とは。


粉骨の道具

自分で粉骨する道具
粉骨は自分でも出来ます、やすらか庵で「粉骨彩心」を借りて自分で粉骨してみませんか。


おすすめの散骨

NPOの散骨
散骨に対する心構えとこだわり違います、散骨は一度きりのこと、後悔しないように。


おすすめの粉骨

NPOの粉骨
立会いが基本で、参加して頂くことが供養です、立ち会わなくとも手抜きなし。


墓じまいと散骨

墓じまいと散骨
お墓に入れた遺骨は埋葬行為になり、改葬しか出来ませんが、散骨するには。


天皇の散骨
民の窮状を憂い、散骨を決断した天皇の感動物語

1人でゆっくり入れる個別タイプ5万円の樹木葬

全ての遺骨の悩みを解決する1人でゆっくり入れる5万円の樹木葬 後継者、年間管理費不要

樹木葬