散骨

散骨や粉骨は業者に頼むものだと思っていませんか?
散骨は特別な許可や申請が必要なく合法で、実は自分で出来るものなのです。自分でするための方法や道具をご紹介します。お遺骨を触れたりするのに抵抗がある人で、業者に頼むにしても、故人様の供養のために自分で出来るだけのことをしておけば、充実感が違います。
多くの業者がある中で、良い業者の選び方とは。

散骨や粉骨が身近になってきた

一昔前までは散骨と言えば、海の似合う有名人が豪華クルーザーを使って太平洋の大海原で散骨された様子をニュースで知る程度でしたが、今では多くの方が散骨を望み、実施されているのです。その背景には人口の減少、核家族化、少子高齢化などがあり、お墓を持てない、お墓があっても墓じまいして散骨しないといけない方が増えているのです。

散骨と粉骨のお役だち情報

散骨とは故人の遺骨を粉にする粉骨をして、大自然に散布することです。日本では法律上問題ありませんが、ルールやマナーも決められていないので、どのようにしたら良いか分からないものです。正しい知識を持って温かく故人をお見送りいたしましょう。


自分で散骨

散骨について
散骨は近年急速に普及しましたが、届け出不要で気軽な反面、マナーやルールがありません。


粉骨

粉骨について
粉骨は亡き人やペットの遺骨を粉にすることで、量が少なくなり、サラサラの粉になります。


散骨は合法

散骨に関する法律
違法では意味がありません。
環境、法律的な立場から
検証してみます。


散骨禁止

散骨禁止の自治体
全国の自治体の中には
散骨禁止条例がある所
があります。


散骨の指標がある自治体

散骨の指標がある自治体
国のルールが無い中で、散骨に対する指標を示してる自治体があります。


海外で散骨

海外で散骨
海外で散骨する時にはその国の法律やルールを守って行う必要があります、注意すべき点は。


領事館

外国領事館事情
遺骨の扱いは、国によって違います、遺骨を海外に持ち出す時に調べておきたいこと。


散骨に関するマナー

散骨に関するマナー
日本では散骨に対しての法律やルールがありません、参考にして頂きたいマナーを提案。


遺骨は手荷物-国内線

遺骨は手荷物?-国内線
散骨などの理由で遺骨を持って国内線の飛行機に搭乗できますか?-各社の対応-


遺骨を持って搭乗-国際線

遺骨は手荷物?-国際線
海外で散骨する時に、国際線の飛行機に遺骨を持って搭乗できますか?-各社の対応


海で散骨

海で散骨
海は個人の所有でありませんし、自由に立ち入り出来るので、散骨には適した場所です。


山で散骨

山で散骨
国有地以外は必ず所有者がいます、所有者の許可を得る必要があります。


粉骨の道具

自分で粉骨する道具
粉骨は自分でも出来ます、やすらか庵で「粉骨彩心」を借りて自分で粉骨してみませんか。


おすすめの散骨

NPOの散骨
散骨に対する心構えとこだわり違います、散骨は一度きりのこと、後悔しないように。


おすすめの粉骨

NPOの粉骨
立会いが基本で、参加して頂くことが供養です、立ち会わなくとも手抜きなし。


墓じまいと散骨

墓じまいと散骨
お墓に入れた遺骨は埋葬行為になり、改葬しか出来ませんが、散骨するには。


散骨散骨する前に無縁仏にならないために自宅、別荘散骨散骨の費用
旅行先で散骨ペットと共に散骨  粉骨粉骨の粒度粉骨の道具
遺骨に含まれる遺物骨壺について喉仏について機械粉骨の問題点
墓じまい墓じまい墓じまい簡単見積り 墓じまい無料見積り
動画散骨や粉骨の動画 真面目な研究遺骨は高温で無くなるか
雑学散骨の船はどれ位経費がかかるの?

散骨とは

散骨とは、遺骨を粉状にして自然の中に散布することです。

散骨が散骨であるための条件は

  • 遺骨は2ミリ以下の粉状にし、混入している不純物は取り除くこと
  • 葬送の儀として一人の人間を見送るという尊厳を持った儀式を伴う事
  • 散布した遺骨が自然に戻れるだけの充分な環境の中で行うこと
  • 自然に少なからず負担をかけるので、かけた負担以上に自然を護ること
  • 他の迷惑にならないこと、周囲の感情に配慮すること
  • 節度を持って行うこと

であり、いずれも人が人として自然に還るという本来の目的を最大の尊厳を持って

行うことが散骨であり、処分したり捨ててきたりすることではありません。

例えば一人一人の名前を呼ばずにまとめてごそっと散布するのは散骨ではありません。

ゴミを捨てるのと一緒で、少なくとも一人一人の名前を呼んで差し上げないと、

大変に失礼であり、無縁仏を増やしてしまうことになってしまいます。

私達が住んでいるこの日本は、他を思いやる心が豊かで、

誰に対しても温かい「おもてなし」の国です、

亡き人に対しても持ち続けたとても温かい心を失ってはいけません。

散骨は主に後継者がいない方が利用しますが、お墓がある場合でしたら、

納骨に相当する儀式であります。散骨は、儀式的なことにこだわらない人も

よく利用されますが、参加するのが例え一人であっても、

亡き人には、いま〇〇さんのために散骨の儀式をしますよと

示して形にして、それを送り届けるのが仏教で言うところの供養なのです。

死者に対しては、話しかける、語り掛けるということが最大の供養なのです。

粉骨とは

粉骨とは散骨などの目的のために、遺骨を2ミリ以下の粉状にすることです。

火葬時に混入した異物などを取り除いて、自然に還りやすい形にすることです。

早いよ、安いよ、便利だよ、という業者が林立していますが、大切なことは

  • 粉骨も大切な儀式だということです

本来であれば長い時間をかけて自然に還っていくものですが、

その長い時間かかる道筋を一瞬で済ませようとするのですから、

亡き人に遺骨が粉になることに了承して頂くという儀式が必要です。

合掌して今から〇〇さんの遺骨を粉にさせて頂きますと声をかけるだけでも結構です。

特に、粉骨に関しては自分でするか、業者に頼むのなら立会いで参加するかをしてください。

事情があって立ち会えないのなら、こういうことを理解した所に頼みましょう。

何でもお金を出して人任せにしてしまったら、自分が何も出来なかったと後悔します、

自分の出来ることは心と体を使って奉仕すること、これすなわち供養の心です。

今散骨が危ない

今、周りを見渡してみると、散骨に関するいろんな広告が目立ちます。

散骨はもはや、安い、便利ばかりが強調され、完全に商品化されてしまい、

故人様を送り出す大切な儀式であることが忘れ去られようとしているのです。

お葬式が時代の流れの中で、簡略化がどんどん進み、

1つの商品となって、故人様を送り出す大切な儀式であることを忘れ、

形ばかりのお別れ会になってしまったのと同じ道を、

散骨もまた繰り返そうとしているのです。

汗水流してがんばって今の日本を築き上げてきた方々を送り出すのに、

粗末な送り方をしてしまうと、私達の心まで滅びてしまいます。

今散骨が危ないということを気付いて頂きたいのです。

亡き人と付き合っている

亡き人は、私達の目の前にはいませんが、守ってくれる存在です。

何故、お墓があるのでしょうか。それは、お墓を掃除しにいくことが目的ではなく、

亡き人に会いに行っているのです。

神仏、霊などを信じない人であっても、お墓参りには行くことでしょう。

お墓には、亡き人がお祀りされている、その場所に行っているのです。

亡き人を偲ぶため、祈るため、感謝するため、人によって目的は様々ですが、

とにかく私達は、亡き人と付き合い続けているのです。

ある意味、人は亡くなってからも、大切にし続けられているのです。

亡き人を大切にするからこそ心が豊かになる

亡き人は、私達の目の前に出てきて、何かをしてくれる訳ではありません。

しかし、亡き人は、見えない存在として、確実に私達のことを守ってくれているのです。

「人は死んだらそれでおしまい、あとは何にも残らない」、

亡き人の存在を信じない人は、これで良し。

誰の力も借りずに、自分の力で生きていけば、それでよいのです。

しかし、亡き人の存在を信じ、守ってもらえると思えば、実際に守ってもらえるのです。

信じなければ、神仏は無し、信じれば神仏はそこに居る。

信じるか、信じないかということになりますと、やはり宗教になってしまいますが、

皆さんの周りにあるお墓も、宗教性が非常に強いのです。

亡き人から守ってもらえれば、自然と感謝の気持ちが湧いてきます。

「ありがとう」、この気持ちがどんなに心を豊かにすることでしょう。

「ありがとう」は、言えば言うほど、亡き人に守ってもらえるのです。

亡き人の送り方

亡き人を送るのに、ちゃんとその人の名前を呼ばないとダメです。

亡き人にも、一人一人の名前があります、ゴミではありません。

一人一人のことを尊重しないと、亡き人は満足してくれません。

そして亡き人を送る儀式も必要です。

旅立ちの、そして故人の遺骨を散骨した旨を伝える儀式のことです。

それも形だけではいけません、亡き人に対して伝え、説得し、納得してもらうのです。

自分で散骨する場合には、手を合わせるなり、声をかけて差し上げるなり、

最大限の心を込めて行ってください。

亡き人から見たとして、散骨を行っているということが伝われば良いです。

私は僧侶でありますので、お葬式の時には「引導作法」と言って、

ちゃんと亡き人を迷わぬように導いて差し上げる所作をするのです。

私でも時と場合によって所作というものを使い分けますのでいつも同じではありませんが、

こういった所作がなければ、亡き人は迷うばかりです。

亡き人を迷わせると、必ず自分も迷います、因果応報、自業自得の徹底した原理なのです。

これまでは、散骨の普及のためにと、ルールやマナーの徹底に力を注いできましたが、

それももちろん大切なことですが、遺骨を処分する、捨ててくるというようなことで

無縁仏を増やしている現実に気付かない方がおられましたら、残念なことです。

私は常に亡き人の立場で、良かったと言ってもらえることを当初からの最大目的としています。

亡き人は物を言わないですし、言っても聞いてもらえませんが、常に訴え続けているのです。

亡き人が目の前にいるような感じでおもてなしすると分かります、

たとえどんなに他人であっても、客人としておもてなししないと喜んでもらえません。

口では真心込めて、誠心誠意など何でも言えますが、

亡き人は口先だけのことでは喜んでくれないのです。

今まさに散骨は葬祭としての心の持ち方を問われているのです、

これからの時代、ますます高齢化が進み、亡くなっていく人も増えていきますが、

我が国はただでさえ人口減少の影響を受けて国力が低下する上に、

日本人としての良き心の喪失が進んでいってはいけないと思います。

散骨の普及

私は散骨を始めて15年目になりますが、

最初の頃はよく「法律違反だ」と言われたものでした。

まだまだ肩身が狭い思いをしていたのです。

これは散骨がまだ普及していなかった頃の話です。

やがてテレビや映画、マスコミので取り上げられることが多くなり、

少しずつ普及していくようになると、ブームに火が付いたように、

普及していき、今では多くの業者が林立しています。

皆が利用できるようになったことはとても良いことです。

誰かの散骨に呼ばれて体験してみて、

これなら自分も出来ると始めた方もたくさんおられます。

散骨業は素人の人でもその気になればすぐに始められるので、

それが長い時間をかけて築き上げられてきた葬送の儀だということに

気付かずにしている方が多いのです。

粉骨も然り

散骨するためには遺骨を粉状にする粉骨が必ず必要になってきます。

粉骨に関しても私が始めた15年前には粉骨と検索しても「粉骨砕身」という

四字熟語がトップに出るくらいでしたが、今では百花繚乱、

何でもありのスーパーマーケット状態です。安いよ早いよ便利だよという声が聞こえてきそうです。

単なる物質を粉にするサービスになってしまっています。

亡き人を送るにはどうしたら良いかという問いかけの気持ちを常に持ち続けることが大切で、

基本は、今となっては目に見えない故人様の亡骸を扱っている以上、

尊厳を持って、一人の亡き人として名前を呼び、最大のおもてなしをしながら、

大自然に還るためのお手伝いをさせて頂くという謙虚な気持ちが必要なのです。

後世にも散骨が続くために

散骨についての我が国の指標は東京福祉保健局の告知によって知ることができます、

「国民の意識、宗教的感情の動向等を注意深く見守っていく必要がある」

との文面で分かるように、散骨については合法とも非合法とも言わずに

黙認している状態です、つまり今は見守っている状態であり、

動向によっては禁止される可能性すらあるのです。

自治体の単位ではこれまでに、金儲け主義の業者の散骨場の建設を阻止するために、

或いは地域ブランドを守るという名目で散骨禁止条例が出された自治体が既に

多数存在するのです。散骨が禁止された自治体では、業者の散骨はもちろんのこと、

個人の散骨すら禁止されているような状況なのです。

個人の散骨に関しては全く個人の自由なはずで、行政が関与すべき問題ではないはずですが、

このようにして、一度禁止されると、未来永劫までその自由が束縛されてしまうのです。

散骨はこのように、やり方によっては禁止されてしまうような危うさを持っているもので、

ルールやマナーを無視したやり方が横行したり、

今さえ良ければそれでいいといった、何の理念もない金儲け主義に走ってしまい、

一度散骨禁止の条例などが出来てしまうと、後々の世代まで困ってしまうことになるのです。

基本は葬送であり、散骨に関しては特に遺骨を撒くことですから、

人によっては心地よくない感情を抱いたり、

宗教上の理由などで、してはいけないことだと思っている人がたくさんおられるのです。

そういった人達への配慮も当然必要で、

そういた人達が必ず近くにいると思って行動することです。

誰も見ていないからではいけません、自分達だけ良ければそれでよい、ではダメなのです。

散骨や粉骨で利用する方が注意すること

ホームページを見たら、どれも綺麗で立派ですね、

特に専門の業者に作ってもらったら見栄えだけて負けてしまいます。

しかし、葬送の儀であることを理解して、

尚且つ実践しているかどうかは大切なことです。

利用される時には、このことを特に注意してください。

大切な方を送り出すのですから、一回しかないことですから、

私は、多くの亡き人から、捨てる、処分ではいけないと訴えかける使命を

頂いております。命がけで訴えていくつもりです。

それと、最近気が付いたことですが、散骨の生前予約の名目で、

最初から実施するつもりのない業者がお金を集めている所がありますので、

気を付けてください。私の所には、過去に何回も、

生前予約のお金を払った方が、いざ電話してみると会社が無くなっていた、

という相談を受けています。あまりにも安すぎる業者は要注意です、

サイトを見て、主義、主張などが全く伝わってこない所も要注意です。

亡き人を大切に!

散骨の心

亡き人を大切にしてください、感謝しましょう。

たとえ喧嘩別れをしたような人であっても、亡くなってからも恨み続けるのは、

恨みの連鎖を作ってしまいます。その恨みは、次の人にも受け継いでしまいます。

もう亡くなってしまったら、目の前で何かをされる訳ではありません、

生きている間中、「悪いことをした」と後悔していたかもしれませんよ。

最後くらいは、悪いことは水に流して送ってあげないと、

捨てるようなことをすると、いつまでも迷い続けますよ。

自分が温かい心で生きていこうと思ったら、他人に温かい心で接することです。

自分が良い死に方をしようと思ったら、人を温かく送り出してあげることです。

私は僧侶です、高野山真言宗やすらか庵のサイトでも

宗教的な立場から散骨について述べています。

散骨も粉骨も、とにかく参加して温かく送り出す

散骨の準備 散骨のお花準備

立会い粉骨 参加する散骨

やすらか庵では、皆様に参加して頂ける部分は何でも参加して頂いております。

粉骨の作業や散骨の準備など、皆さんが送り出す主人公だからです、

お花の準備などでも皆さんに花を切ってもらったり、盛り付けして頂いています。

参加された方は皆、「こんなに素晴らしいなんて思わなかった」、「貴重な体験が出来た」

という感想をお持ちです。亡き人を送り出すのはたった1回だけのこと、

後悔の無いようにいたしましょう。事情があって参加出来ない方は

間違いのない所に託すようにいたしましょう。

散骨とお墓

お墓のある人にとってお墓と亡き人のお付き合いは一生続きます。

春秋、お盆、年末年始のお墓参り、お墓掃除、お参りする時には花も線香も必要です。

これだけのことを一生続けていくことは実は大変なことなのです。

暑い時も寒い時も、体調が悪い時でも、或いは年齢を重ねて杖を突きながらでも

可能な限り続けていくのです。しかし散骨すれば、

こういった苦労をしなくて済むようになります。

お墓にはもう入ることはない、お世話になることはないという意味では、

散骨に対しては最大限の手厚い供養と、

亡き人にはお墓に入れることがない旨のお断りを丁寧にいたしましょう。

それが礼儀というものです。

おもてなしの心

やすらか庵ではお遺骨をお迎えした場合には、まずお茶とお花とお線香で

おもてなしさせて頂いております。大切な客人である故、当然のこととして

続けておりますが、こういうことが当たり前ではない時代になってしまっています。

委託散骨-宅配便

天皇の散骨
民の窮状を憂い、散骨を決断した天皇の感動物語