散骨しても心の中にお墓を持とう

心の中にお墓を持とう

墓じまいの仕事で日本中いろんな所に出かけさせて頂きますが、どこに行っても必ずあるものが「お墓」であり、都会のビルの谷間にも、そして過疎の村に行っても必ずお墓があるのです。お墓が急速に普及したのは明治時代以降ですが、今住んでいる私達の家以上の数のお墓があることは間違いありません。

これほどまでにお墓が普及したのには訳があります。私達日本人が家族を大切にする民族であること、死者はやがて家の守り神になること、そして死者に家族を守ってもらうという信仰を持ち続けたことにより、死者を祀るための施設としてお墓がこれほどまでに普及したのです。

我々日本人がお墓参りに行き、何をしてきたかは明白です、「亡き人に会いに」行っているのです。私達は亡き人に守ってもらい、力をもらって日々の生活を営み、無事に過ごせたことを感謝し、死者とつながる場所がお墓なのです。

近年は人口の減少、少子高齢化、核家族化の進行により、後継者のいない方が続出しています。後継者がいない方は、お墓を持つことが出来ないばかりか、ご先祖様のお墓を片付ける墓じまいをする必要もあり、これからの時代は、日本中のお墓が墓じまいの危機に直面することになるのです。

散骨はお墓を持つことなく、面倒な申請や手続きが不要で、自然に還り、自由になれる画期的な葬送の方法として急速に普及しましたが、あまりに気軽に利用できる方法のために、葬送の意義が薄れ、亡き人や先祖を大切にする心を説かずに「遺骨を捨ててくる」風潮が目に付きます。

お墓の役割は大切です、私達日本人が亡き人やご先祖様を大切にする心があるからこそ、家族を愛し、隣人を愛し、困った時には助け合うという心が育ったのです。

大地震で家々が倒壊し、多数の死者が出た時にでも、家族を思い、隣人を思い、無償の奉仕が出来るのは日本人のこれまでに積み重ねてきた先祖を大切にするという徳のおかげなのです。

散骨や墓じまいではお墓は無くなりますが、心の中のお墓までは無くさないようにいたしましょう。亡き人やご先祖に感謝する心を持ち続けましょう。

散骨はお墓に例えれば「納骨」と同じです、〇〇家と書いてある専用の石のお墓ではなくて、皆のものである、そして誰の物でもない大自然に納骨するのです。私達は宇宙の、そして地球上の生き物として地球からお借りした肉体を、感謝の気持ちを込めてお返しすること、そして大自然の原理に敬謙な気持ちを持って従うことが必要なのです。

私達はお墓というものを通して多くのことを学んできました。亡き人に感謝し、守ってもらい、自分も子孫を守る立場になることを意識し、人生を考え、自分が何をするべきか、そして自分が生まれてきた理由を知ることなのです。散骨してお墓が無いから面倒なことをしなくて済むのではありません。お墓が無いからこそ、お墓がある人以上に亡き人のことや自分の人生の意義を思わなければ、自分が生まれてきた理由が分からずに人生が終わってしまいます。

お墓が無くても心の中にお墓を持つ、亡き人に感謝し、亡き人からのメッセージを受け取ること、亡き人の生き様を通して自分の行き方を考えることはとても大切なことです。

散骨には儀式が必要散骨の儀式

葬送というものは、亡き人をあの世に送り出すための儀式であり、亡くなったという合意を得るための儀式です。

目の前の人が本当に亡くなったかどうかは、医者の判断も必要ですが、皆が無くなったと認めることが大切なのです。儀式を行うことにより、生きている人と亡き人との合意が得られるのです。社会の中で生きていく私達にとって、安心して暮らしていけるためには様々な合意というものが必要です。

お墓の場合には、納骨する時に儀式を行います。亡き人を日常生活の空間から切り離し、死者の世界に納めるのに迷わないようにする儀式なのです。これは参列者に立ち会ってもらって司祭者が厳粛に修法することで、生きている者と亡き人の両者が納得する儀式であります。

散骨したから面倒なものは不要と思ってはいけません、儀式を行わないと亡き人は確実に迷います。何も知らない業者に任せると、迷う死者が増えていくばかりです。

もう一つ言えば、亡き人のために紙に書いた文書を用意し、亡き人の名前をちゃんと読んであげないといけません。「名無しの権兵衛さん、さようなら」では全く意味なし、迷うばかりです、もし仮に名無しの権兵衛さんであっても、ちゃんとした呼び方があるのです。

たとえ縁の薄い人であっても温かく送ってあげよう

散骨は温かくお見送り

縁が薄いから…あまり世話になっていないから…縁を切ったから…嫌いな人だから…安い値段で火葬してください、遺骨は処分してください、という事例が今の世の中増えてきました。亡き人を送るのにケチな考え方は禁物です。

人に対して冷たい仕打ちをすれば、それは自分に返ってきます。たとえ嫌いな人であったにしても、あの世でまたは次の世で一緒にいる人かもしれないのです。感情的に許せないような人であっても、お別れの船に乗って旅立つ時ぐらいは、気持ちよくお見送りして差し上げましょう。

亡き人はもう絶対にこの世には戻ってきません、只去っていくだけの人ですから、皆で温かくお見送りするものです。いつかは自分も送られる立場になるのですから。

遺骨を捨てれば自分の遺骨も捨てられる

遺骨は捨てないこと

今の世の中案外、正直者が損をする、悪人が堂々と世の中を渡り歩いていることが目に付きますが、最終的には自業自得、因果応報の理は大自然の原理であることを思えば、そういう人のことは気にせずに、只正しいことを実践していれば良いだけです。

散骨は遺骨を捨てることではありませんが、散骨という名目で遺骨を捨ててきても罰せられることはありません。極端な話、捨ててくるための散骨でも構わないのです。遺骨と言えども体の一部であり、「要らない」という気持ちで捨てられた亡き人の魂はとても悲しい思いをして、その思いはいつまでも残り続け、永遠の不幸が始まります。

葬送の儀とは、亡き人をあの世に送り届けること、人としての最低限の務めであり、最大限の感謝の表現でもあり、人を送ることで人生のはかなさを学び、尊さをも学ぶのです。

たとえどんなに嫌いな人であっても遺骨を捨ててくることはしていけません、亡き人に対しては只温かく送って差し上げるだけです。

遺骨はメモリアルに少し残すこと

遺骨はメモリアルに残す

散骨したら遺骨が無くなって、心の中まで空っぽになってしまった、という方が多数おられます。故人様の遺言で遺骨を全部散骨する以外は、少しの遺骨(遺灰)をメモリアルに入れて大切にお祀りすることをおすすめいたします。

遺骨をメモリアルに残しておけば、いつでも故人様を身近に感じることが出来て、散骨の後の喪失感がありませんし、手に持ったり、語り掛けたり、一緒に旅行に出かけたりすることも出来ます。

遺骨を分けると成仏出来ない、ということは決してありませんのでご安心ください。

メモリアルに入れたお遺骨は、もしもの時にはご自分の棺桶に入れてもらってください。そうすれば、故人様のことを最後まで守り通したという満足感が得られると共に、故人様にとっ大変に幸せなことだと思います。

これらのメモリアル品は全て私がミシンで作った手作り品でございます

自分で粉骨する道具のレンタルありますエンター

参加すること

散骨は参加すること

やすらか庵の散骨、粉骨は全て立会いで、可能な限りご一緒に参加して頂くようにしています。散骨の時には、粉骨はもちろんのこと、お花の準備まで参加して頂いております。

亡き人に喜んで頂こうと思えば皆が参加して賑やかに語り、体と心を使い奉仕することが供養なのです。ご一緒に参加出来ない委託のコースをご利用の方でも、見ていないからと手抜きはいたしません、亡き人が目の前にいらっしゃるのです。

おもてなし

おもてなし

やすらか庵では常時、少なからず亡き人のお遺骨をお預かりしておりますが、「お遺骨は物ではない」という考えの元、生きている人が来られた時と同じように接しております。毎日焼香と合掌、ご挨拶、礼拝は欠かさずにしております。仏式で必要な方には読経もしております。

ありがとう

感謝

全てのご先祖様に対して感謝の気持ちを持てば自分が生きているのではなくて、生かされていることに気付きます。この大きな世界の中で、自分一人の力なんてとても小さくて不安定なもの、私達は大きな力に守られてこそ安心して生きていくことが出来るのです。

「ありがとう」の感謝の気持ちで、大きな力を素直に受け止めるだけで私達の人生は豊かになります。散骨してお墓が無くなっても「ありがとう」の気持ちを忘れずに、そして日本人としての豊かな心を忘れないでください。

散骨と粉骨の仕方

散骨と粉骨の仕方

散骨や粉骨の情報は今やネットで簡単に手に入るようになり、方法や道具も普及しています。現在のところ散骨や粉骨は完全に合法ではありませんが、非合法でもありません。ルールやマナー当サイトでも提案していますので、後世においても健全な散骨が出来るような方法で実践してください。

但し葬送の本来の意義を無視してサービス、価格合戦をしている散骨業者を利用するぐらいなら、自分で真心込めて散骨した方が亡き人が迷わずに済みます。

もうこれ以上に無縁仏を増やしてはいけません。亡き人を確実に送ること、それが葬送であり、散骨も葬送なのです。